Hatena::Groupomsk

医者はどこだ このページをアンテナに追加

2015-02-19

[]HELLO!新しい私 18:32 はてなブックマーク - HELLO!新しい私 - 医者はどこだ

ご存知の方はご存知だと思いますが、わたしは今ありえない沼にどっぷりとはまっています。

去年のわたしにこの話をしたら「ハ!ないね!関係ないね!」とあぶデカ並みに鼻で笑われるであろう惨事がこの身にふりかかっています。

\ジャニーズWESTが! だいすきに! なったよー!!!/

わたしを知る人には「なんで? なんでなんでナンデ?」と鈴木蘭々ばりに(古い)問い詰められました。なんで? なんで小瀧なの? なんで10代なの? なんで高校生なの? なんで生めるほどの歳の子を今更好きになるの? なんで?*1

うっさいわ! こっちが訊きたいわ!!!!

関西沼なんて、わたしが絶対ハマるはずのないジャンルだった。冷酷都市TOKYOで生まれ育ったわたしには関西ノリなんてうんざりの対象でしかなかったし、実際数年前の少年たちでも同じことを感じていた。そして完全に偏見だけどタレント以上にオタクが怖かった。今でも怖い。だけど沼なんて~神出鬼没なのさ~ってちっともモジリになってないけどわたしの中のアンルイスが歌うんだ。普段少クラの編集で興味ないとこはばっさり切っちゃってるんだけど、初登場回からWEST部分は虫の知らせでもあったのかまるっと残してあったという不思議現象! 今となっちゃ過去の自分に親指を何本立ててもきりがないんだけど、はっきりとターニングポイントだと自覚しているのはWESTの昔話コーナーでした。物語のあらすじだけが台本であってそれに自分たちで枝葉ギャグくっつけたというそのコーナーに、びっくりするぐらい腹抱えて笑っている自分がいました。ちょう面白い。確かに今までも小瀧のことは妙に気になってたよ? 草刈正雄系のあの顔で10代とか冗談はよしこさんって思ってたんだけど、「シンデレラ」で「妖精の陽水です~」って井上陽水のものまねをした瞬間、自分が沼に足を滑らせる音が聞こえました。10代の子が井上陽水のものまね! さすが昭和を受け継いでいく事務所! 興奮が止まりませんでした。しかも現役高校生とは思えないほど堂々と笑いを取って、不遜だけど嫌味なく年上メンバーに絡んでいく感じ、歌を歌えば美声で聴かせる系だし、アイドルにありがちな胸キュンセリフも照れずに言い切るハートの強さ! そして関係性フェチのわたしの背中を盛大に押したのが藤井流星という存在でした。

今まで小さい子ばかりを好きになってきたので、高身長イケメンシンクロベタベタ芸を次々と繰り出されるとモへという風圧にふっとばされそうになります。エマージェンシーエマージェンシー! かっこよすぎてしんどいとともにボルゾイ(流星)とバーニーズマウンテンドッグ(小瀧)のじゃれあいにしか見えなくてキュン死……。なにあのVIVIDとかいうコンビ芸!!!!(芸ではなく歌です

かくしてわたしは小瀧望という沼にはまりました。

ズンドコパラダイスというふざけたタイトルの曲を嬉々として全種買いする新しい自分、ハロー。

サンセット? なんでやねんって?

そやけど寝て起きればまた陽は昇る

青春は止まらへんわ

勘弁してけろ……!!

好きになった今でもベッタベタな関西弁連発にうへえって思うよ!ファンのことジャスミンって呼ぶのほんとはめちゃくちゃ苦手なんだよ! だけど! あなたが好きダカラー!

好きになったら一直線なのはオタクの常で、慌ててなにわ侍のチケットを手に入れていつもと違う気持ちで向かう日生劇場。よかった、あんまり怖そうなオタクの人いなかった!と変な安堵をしながら物販で「こっ小瀧くんの写真を」と初めての発声に勝手に赤面し、ぶるぶる震えながら開演を待って耳をつんざくほどでかい拍子木の音のあとに着流し姿の7人がせりで上がってくる、あの瞬間に感じた胸のざわめきを今でもわたしは克明に覚えているよ。

好きになるってこういうことなんだなあって、なんだか泣きそうになった自分がちょっと気持ち悪かったけど、でもとってもうれしかったんだ。もう凪いでいくだけだと思った日常に彗星のごとく現れた新しいスキを手放すなんてもったいない、「年甲斐もなく」とかとりあえずぶん投げて、わたしはいくつになってもスキをあきらめないよ!!((C)ユリ熊嵐

ちょっと前までシゲ岡くんが大の苦手でした。あの笑顔が怖い。サイコすぎて目が合わせられない。笑いながら人刺すタイプの犯人役やらせたらたぶんすっごいハマるはず。クドカンだからって理由でごめんね青春を観て、いいなーさっそくクドカンドラマかよって妬みながらもからくり人形呼ばわりされるシゲ岡に対する苦手意識がちょっと消え、最終回からほどなくしてありえない沼にはまっていることに気づいたので意識的にWESTを観るようになると、シゲ岡くんはセンター様であるからしてどうしたって目に入ってくる。そのうち、確かに闇は深そうだけどただのガキンチョやんということに気づき始めていつの間にか目が離せない存在に! たまに突拍子もないことして怖いけど、なんか今まで感じていた恐怖とは違う。わたしの中で確変がかかったのはなにわ侍で、すばらしく滑らかに回る舌で内蔵助の悲哀と若干やぶれかぶれな感じでアドリブギャグを使い分けるシゲに突然胸が打たれたのでした。シゲの内蔵助と小瀧の寺坂が吉良邸の門前で小競り合いするシーンがたまらなく好きなんだ。いつもウザ絡みする側のシゲが小瀧にいいだけ絡まれてツッコミ側に回る感じが、もう大型犬と小型犬のじゃれあいにしか見えなくて……!!

わたしはなんでシゲ岡の話をしているんだ。

ひとりずつ書いてたらキリがない。ていうことはもうすでにひとりずつに言いたいことがあるっちゅうことだ。それくらいみんな好きになっているのだ! だって目に余るぐらいの仲良しなんだもんなー。結局わたしはわちゃわちゃ仲良しグループが大好きなんだ! ベッタベタな関西まるだしワイワイソングだけど、もともとわたし米米好きだからみんなで踊れるお祭りみたいなノリが大好きなんだった! 小ネタがちょいちょい挟まるのも大好きなんだった! メンバーみんないろいろあって苦労してるからファンへの気持ちも熱いし、礼儀正しいし、サービス精神も旺盛だし、すごく観てて気持ちがいい。あれ? 守備範囲は違うけどえびちゃんと通ずるところがあるじゃん! わたしがWEST好きになるのはあらかじめ決められた運命だったんだ!!!

マイナスからのスタートほどタチの悪いことはないよ。苦手意識が好きに変わった瞬間のエネルギーって、たぶんちっちゃい惑星ぐらいなら吹っ飛ばせると思うんだ。

これからVS嵐にWESTが全員で出るんだよ。出ちゃうんだよ。なんでか知らんがキーを打つ手がめちゃくちゃ冷たいんだよ。海外遠征するほど好きだったグループと、福岡遠征を早くも検討しているグループが共演しちゃうんだよ。どんな顔して見ればいいんだろう。もう今から立ったり座ったりして落ち着かないよ! 生活も落ち着いてきてライブも芝居も本数がだいぶ減って、こうして人は老いに近づいていくんだなって猫を撫でながら菩薩みたいな顔になっていた矢先にこの天変地異…が起きるとはね! オタ卒って言葉がけっこう近づいてた気がするんだけどなーおかしいなー。

すっかりWEST担みたいになってるけど担当はあくまでも河合さんだから!という気持ちはまだ揺らいでいないよ! WESTに浮かれたあとにえびちゃん観るとなんかしみじみと良さを実感するというか、あらためて好き!って思えたのがやっぱりうれしかった。好きは多いほうが楽しいんだぜ! ひゃっほーい!!

*1:後半はマインドBからの問いかけ

2014-11-08

[]「和也」 17:12 はてなブックマーク - 「和也」 - 医者はどこだ

おしゃレディオジェイウェイブでサカナクションの「エンドレス」がかかって、この曲が身悶えするほど好きなわたしはその歌詞をなぞりながら、このPV、にのみや主演でやったら死ぬほどハマるだろうな……とナチュラルに考えていました。

想像したらせつなさに胸が引きちぎれそうになって、そしたら大宮のことを思い出して、先日ジャニショで久しぶりに買った大宮写真を袋から出して眺めていたら、こうしてつれづれなるままにキーボードをポチポチ打っていました。

ほんとうにお久しぶりです。

嵐はもう美しい思い出ですが、わたしはまだ、オタクを続けています。何度も足を洗いかけたけれど、この泥沼は執念深いようです。手を変え品を変え、「ねえ、新しいおもちゃ用意するからもうちょっと遊んでいこうよ」って誘ってきます。わたしはバカの子のように「えーそう?そこまで言うなら」と財布を開きます。吸い込まれたお金は泥にまぎれてもう見えません。えびちゃんのオタクを続けるということは、決して泥に目を凝らしてはいけないということです。じたんの初主演舞台のことはもう、あまり思い出したくありません。その舞台と同じ演出家と、観ていないわたしですら不安に苛まれた舞台銀英伝の脚本家がタッグを組んだじたんとはしもつ主演の舞台、そして破綻したストーリー、突然のいがみ合い、棒読みの花が咲き乱れる新春恒例の学芸会がまたやってきますけど、多くは語りません。でも、お金は払います。そうやって毎日が過ぎていくのです。チケットの半券を捨てるようになってからいい意味で執着しなくなりました。過ぎたことは過ぎたことです。みんなこうして経験を積んでいくんです。オタクも、タレントも。

さっき「もう美しい思い出」って書きましたけど、半分ウソです。バラエティやドラマはほとんど観ないけど、まだ未練を捨てきれずに嵐さんのコンサートDVDやアルバムを買ったり、Mステを録画したりしています。買っただけで観ていないのもありますけど。ハワイでメモリアルライブをやりますと聞いてちょっとだけ胸がうずいたけど、すぐに飲み込めるようになりました。Mステのハワイ中継を観ていたら、もうもうと噴き出すCO2に姿がかすみ、床に大量の銀テが渦巻きそれにあいばが足を取られてなんかかわいそうな感じになってるという、わたしが知ってる頃の嵐クオリティのまんまでほんとうに愛しかった。なんだ、この人たち相変わらずじゃない。ちょっと安心したよ。

えびの新しい写真が出ますというアナウンスをどこかで見かけてジャニショに行ったら翌日からの発売だったらしく、スッカスカの壁に落胆しながらも「何か…何か買いたい…」とふらふらしていたら、嵐さんの壁の前にやってきました。

あ、大宮。

当時から大宮写真は不遇だったのであるかどうかたいへん不安でしたが、見つけた3枚ともが趣深く、懐かしさがこみ上げて、知らず知らずのうちに記入用紙に「嵐」と書いていました。何年ぶりのことでしょう。

特に追うつもりはなかったけれど、ハワイコンサートの裏側番組をいくつか観ました。観てしまいました。今では観なければよかったと思っています。こんな気持ちになるはずじゃなかった。

今現在、嵐を全力で追いかけている人たちがとてもうらやましくなるような内容だったからです。

他のコンビに追い上げられ勝手に絶滅していたと思っていた大宮がそこには依然として存在し、それどころか、3104がにのみやのことを、酔っ払って少しあまくなったろれつで、

「和也」

と、

呼び、

「ずっと一緒だよね」って

にのみやの

ほうを

見て

言ったの

です。

こうやって文字を打っているだけで、涙があふれて止まりません。これは比喩ではなく、わたし、ほんとうに泣いているのです。

あのとき聞きたくてしかたなかった言葉が、今、こんなタイミングで、わたしの耳に届くなんて。

わたしはもう、ずいぶん遠ざかってしまったのに。

とても、つらいです。

この気持ちになんと名前をつけていいのか、さっぱりわかりません。

ただ、ほんとうに涙が止まらない。今まで死ぬほどここで「涙が止まらない」って書いてきたけど、ほんとうに涙が止まらないことなんてなかった。でも今はリアルにそうだよ! どうしちゃったんだわたし!

問題の「和也」のくだりで酔っ払い3104のトイメンに座って、またしてもずっと敬語で応対するにのみや。抵抗する3104を無理やりプールに連れて行き、結局は心中のように一緒に飛び込んじゃう大宮ちゃん。ちゃん付けすることでしかこの心の葛藤をマイルドにする術をわたしは知りません。スタジオが笑いに包まれる中、「リーダーだけ入ってなかったんだよね」というにのみやの高い声が聞こえ、ワイプではSHOWさんのうなずき顔が映ります。ニヤニヤしていたわたしのきもい表情が、このにのみやの発言を聞いた瞬間すっと真顔に戻りました。「言い訳を してもしなくても あふれるせつなさ」気づけば泉が湧き出るように自由律俳句が誕生していました。文学とは名づけがたい感情に無理やり言葉を当てはめる行為そのもののことを指すのです。ああ、大宮から学ぶことがまだこんなにたくさんあったなんて。

NHKの嵐密着で「今あることを頑張ればゆくゆくそうなるんじゃないかってこの人に言われたの。だから俺の仕事の根底はそこになっちゃったのよ。今あるものをちゃんとやろうって思うようになったのは、リーダーの言葉だったんだよな」と遠い目で語るにのみやに、わたしの心臓は止まりそうになりました。「根底」ってゆった。「根底にリーダーの言葉が」って!それ刷り込みじゃん! おまえはひよこか!!!

お察しの通り、わたしは無理して茶化しています。

だってこんな言葉聞いたら、3104が辞めたいと思ってたことについて「雑誌でできる話じゃないしね」ってみんな笑ってるのに、ひとりだけ怒ってるみたいなにのみやの顔見たら、もう「大宮」なんて軽々しく口にできない。重い。重すぎる。この人はこの重すぎる想いを15年間スキンシップという行為でひたすら紛らわせ続けていたのではないか。わたしが今まで信仰していたものはなんだったのか。大宮という言葉を借りた概念だったのか。むしろ大は宮の信仰の対象である、そう言っても過言ではないのではないか。ということは大野智唯一神!!!! もう、何を言っているのか自分でもわかりません。ただ、わたしはまだ信仰を捨てていなかったんだと、むしろ捨てられずにいるんだと、番組中で流れたマイガールの歌詞に思い知らされました。「ありがとうの想いを伝えたいよ そっと君のもとへ 遠く離れてしまっても 思い出に満ちた未来へ」……感謝は伝えたいけどまだ思い出にしたくない!!!

ひとりで砂漠をトボトボと歩いていたら遠くから楽しそうな音楽が聴こえてきて、ああ、あそこに行けばわたしも楽しい気分になれるんだなと思って近づこうとするんだけど、砂に足を取られてうまく進めなくて、後ろから来た知り合いが「先行って待ってるね!」って笑顔でわたしを追い越していくんだけど、わたしはちっとも近づけなくて、気がついたら蜃気楼のようにその楽園がかき消えてしまう、

それが今のわたしの心象風景です。

わたしがいちばん嵐を好きだった頃の映像が何度も映りました。そのたびに胸の奥に突き上げるような感情がわたしを襲いました。ライトが外れた瞬間にだけ腰痛に顔をしかめ、「お金もらってるんだから腰が痛いからって休むわけにいかないじゃないですか」と語るにのみやの姿に、もうこの人のことをじたんと呼べない苦しみを感じました。戻りたいけれど、もう戻れないことをわたしは痛いほど知っています。

耳を塞いでる僕がいる それなのになぜか声がする

見えない夜に色をつける デジャヴしてるな

耳を塞いでる僕は歩く それなのになぜか声がする

見えない夜に色をつける声は誰だ

ああ、わたし、ちょうどこんな気持ちだ。

そしてにのみやの3104に対する感情にも似ていると勝手に解釈して、これから「グッドバイ」を聴くたびわたしは大宮のことを思い出すんだろう、そしてひそかに苦しむんだろう、ごめんね一郎、そんなつもりで作詞したんじゃないよねって、よくわからない謝罪の気持ちに苛まれるのでありました。

デジタリアンの初回特典メイキングに大宮があるらしいという話は風の噂でちらりと聞きました。今ツイッター検索してその噂が正しいことも確認したよ! そんなもの、必死に追ってる人以外の目に触れられるわけないじゃないか! 観たい! 観たいよ!!(シンプルに泣いてる

romimemoromimemo2014/11/11 00:29おかえりなさい医者どこ…!わたしも改めて、大宮という宇宙からちっとも抜け出せていなかったことに気づかされる15周年特番でありました(涙目)切ないけれど、エントリにしてくれてありがとう!また大宮の話しようね。ね。

2012-03-08

[]おめでとう何度言っても足りない 14:09 はてなブックマーク - おめでとう何度言っても足りない - 医者はどこだ

今さらエントリ上げるのも恥ずかしいんですけど。

あんまり怒涛すぎて、文字にするにも心が追いつかなくて、ずっとずっと激流に翻弄される木の葉みたいにこの1ヶ月ちょっとを過ごしてきました。

A.B.C-Zが、2月1日に、DVDデビューを、したよ。

この5W1Hを口にできることが、いまだに信じられないでいるんです。たくさんテレビにも出て雑誌にも大きく扱われて、日生の座長公演にもアホみたいに通って、全国ツアーも当たり前のように帯同してるけど、ずっとふわふわした気持ちのままだよ。去年の12月、ABC座の会見と同時に発表されたデビューの一報を聞いたとき、わたしはお休み取って御殿場のアウトレットにいたんだよ。ツイッターでどんどこRTされてくる情報の波に溺れそうになって、でも一緒にいた母親にはそんなこと言えなくて、ひとりで寒空の下、わけがわからなくてあたふたしまくって、結局気もそぞろでろくに買い物もできなかった。デビューって、どういうこと?CD出さないの?それって地上波に出られるの?喜びよりも戸惑いのほうが大きくて、それまでずっと頭の中に浮かべないようにしていたデビューって4文字を、なんとか視界に入れようと必死だった。

なにごとにも期待は禁物という哀しき戒めが長年のキャリアで培われてしまったため、きっと今と大して変わらないよ、露出もそんなにないよ、相変わらず知る人ぞ知る存在でひっそり舞台班として生きていくんだよ、そう思ってた。そしたらスペイン坂に宣伝パネルが出るわ、ブランチで「パフォーマンスユニット」って紹介をされるわ、しまいには出してもらえないかもとgkbrしていたMステでワンカメのものすごいパフォーマンスを見せつけるわ、タモさんに一礼してからつかちゃんが連バクするわ!、とつがはなまるに自ユニを引き連れて凱旋!だわ、もうめくるめく薔薇色の日々が訪れたわけです。だってはなまるなんて本来カフェのゲストじゃないかぎり一芸披露とかさせてくれないのに!レギュラーやめてからずいぶん経つのにまだとつか宛てにお花くれるはなまるスタッフはほんとうに優しいよね!それだけとつが愛されてたってことがほんとうにうれしい!

長年追いかけてきていろんな場面を見てきたはずなのに、この期に及んでまだこの人たちは爪を隠してたのかと思っちゃった。笑顔全開でキラッキラ輝きながら見たこともないパフォーマンスをひょいひょい繰り出すえびちゃんたちに、わたし目を丸くすることしかできなかった。ちょ!なにそのポテンシャル!デビューってこんなに人を輝かせるんだね!ばかみたいに何度も録画を再生しながら、わたしはぼろっぼろ泣いてしまった。こんな日がくるなんて、実は夢にも思ってなかったんだ。ずっと心を無にしてたから。

DVDの手売り会の日、わたしは朝早くからAX前に10時間ぐらい並んで、でもイベント参加の当たり券を手に入れることができなかった。なんでこのわたしがデビューイベントに立ち会えないの…ってはかなくなりかけたんだけど、でも直接本人におめでとうって言えたのがなによりうれしかった。そういう機会を設けてくれたえびちゃんとスタッフがほんとうにありがたかった。じたんの手渡し券もらったら五関さんとつかちゃんと同じ列で、五関さんもじたんもにこにこですごくうれしかったけど、なによりつかちゃんの笑顔が炸裂してて、「おめでとうございます!」って弾みながら言ったら満開の笑顔で「ありがとうございますー!!」って一緒に喜んでくれたのが、ほんとうにうれしくてかわいくて涙ちょちょぎれてしまったんだよ。なんて幸せなデビューなんだろうって思った。振り付けもアクロもパフォーマンスの構成も全部自分たちで考えて、なんなら作詞作曲できる人もコントっぽいこと大好きな人もいて、ワンカメでシューティングしてって、ポテンシャルがすごすぎるゆえにこんなにもコスパがよすぎるアイドルってたぶんどこ探してもいない。長すぎる下積みは全然無駄じゃなかった、全部血となり肉となり、えびちゃんの魅力を最大限にアピールできる最高のデビューを手に入れることができたんじゃないかファイブスター!!

突然始まったえびちゃんの☆推しにあたふたと☆グッズを探しまわる毎日です。デビューって忙しい。ププッピドゥー!(高揚

いろんなことが走馬灯のように駆け巡ったよ。滝つベストツアーのいるいる詐欺、とつの謎の不在、つかちゃんの笑顔が消えたあの日々(そして不在)、突然12人体制になったエビキスコン、そしてそのラスト、Daysの画面12分割を気が狂いそうになりながら見つめたこと、ひたすら能面の気持ちできすまいデビューのニュースを聞いたこと、スタシカやHIGHER FLYの歌詞に泣いたこと、もう全部空に溶けてった。楽しかったことが全部もう一度降りてきた。バック仕事のえびちゃん、ほんとうに好きだったからちょっとだけさみしいな。メインを引き立てつつも個性と適度な(たまにじたんが暴走するけど)アピール、確かな技術でお仕事できる感をびんびんに出してくるあの感じ、いっつもしびれた。いつものくせでバックを見そうになっておっとー!ってなることが何度もあって、習慣ってこわいわねって思ったけど、ABC座でえびちゃんにしかスポットライトが当たってない事実を目の当たりにした瞬間、ああ、これがデビューってことなんだって今さらながらじわじわきて泣きそうになったんだ。微妙な出来栄えのキャラクターストラップとかわいいポスターのために何枚もDVDを買って、非otkの人に恐縮しながら配ったら、案外「やったー!欲しかった!」って喜んでもらえたのがほんとうにうれしかった。壁の向こう側にはこんなにも色とりどりの世界が広がってたんだ。連れてきてくれてありがとう。ほんとうにありがとう。

ここからは全部憶測だけど、たぶん、じたんがおじいちゃんにDVDデビューの提案をしたんだろうなって思う。骨折してお休みしてたひとりの時間に、今までのこと、そしてこれからのことをいろいろ考えまくってたんだろうな。だって五関さんが2310のことを「A.B.C-Zの先を見てる人」って言ってくれてた。それがなによりの答えだってわたしは解釈してしまうよ。そしてそんなプロデューサー的な役割をいつの間にか担っていた、自覚の芽生えたじたんがとても誇らしい。じたんをめったにホメないわたしが言うんだから相当だ。そんなわたしは何様だ。

雑誌やラジオや風の噂で、いろんな先輩や先にデビューを掴んだ人たちがえびちゃんに祝福コメントを送ってくれてるのを知って、わたしは自分の息子がほめられてるような気分になってしまった。えびちゃんを知らなくても「五関くんってまだやってたんだ!やっとデビューしたんだねー!」ってCD売り場で聞こえてきたかつてのジャニオタらしき人の声、タワレコの「全ジャニーズファンが祝福してます!」のPOP、「デビューおめでとう!早く言いたかったんだけど連絡先がわからなくて」と言ってくれた斗真、少クラの収録で「おめでとう!今度寿司食いに行こうな!」ってすごく喜んでくれたP山さん、そしてやまとまで「あいつらデビューしたんだよなーよかったなー」って電話してたっていう素敵エピソード、もう枚挙にいとまがないよ。技術や才能ももちろん大切だけど、やっぱり人柄と誠実さって何事にも勝る気がするんだ。どんな現場でもえびちゃんたちはほんとうにこっちがたまに腹が立つぐらい謙虚で礼儀正しくて、いっつもちゃんとしていた。表には出さない、出せないいろんな気持ちをひた隠しながら、いくつ馬車馬業務が重なっても誠実にプロの仕事をこなすえびちゃんたちを誇りに思いながらも、なんでこんなに頑張ってる子たちが日の目を見れないのって何度もギリギリした。自分の人生もままならないのに、見ず知らずのアイドルの人生を勝手に背負い込んで鬱々とした気分になったことだってあった。信じ続ければ夢は叶うってABC座の台詞にあったけど、わたしたちは確かに信じて祈ることしかできなかったよ、でもそれが彼らの夢の実現につながってたとしたら、こんなにうれしいことはない。

デビューしていろんな雑誌に載った。ずっと秘めていた彼らの思いが少しずつ垣間見えて、わたしはまた胸を熱くした。いちばんぐっときたのはTVfanだったな。

河合「母ちゃんが『本当に?』って泣きながら電話してきたときは、ちょっと親孝行できたかなと思いました」

戸塚「ファンの方はもちろん、スタッフさんやジャニーズJrの仲間とか、先輩後輩……デビューの発表があったときに祝福してくれた人たちのためだったら死ねると、なんでもやろうと思ってます」

塚田「デビュー発表の次の日に知らない番号から電話がかかってきたと思ったら聖くんからで、びっくりしましたけど気にかけてくれているんだってうれしかったです」

橋本「2月1日は鑑賞会とかイベントもやりたいし、僕が自分で1枚1枚手売りしたいくらいの気持ちです!」

五関「これまで応援してきてくれた方はもちろん、これから初めて僕たちを知る方の期待もはるかに上回るグループになります」

じたん…(ほろり

そして「なりたいです」でも「なれるように頑張ります」でもなく「なります」と断言した五関さんの覚悟と自信に胸が焦げそうです!!!うれしい!わたしほんとうにうれしい!!

同じことを何遍も繰り返すこの気持ちの悪いテキストを書き上げるまで、1ヶ月以上かかってしまいました。わたしが重い女と言われる所以がここにあります。ちなみにはしもつが「短髪のとっつーほんとにかっこいい!とっつーが髪の毛切らなかったらデビューできなかったかも…」って言ってましたけど、それ一理ある気がします。だってほんとにここ最近のとつかさんいけめんすぎて気が狂いそうだよ!!奇行もかすむ…かす…まないか…でもそのぐらいのいけめんっぷり!!ABC座のグッズも全部ふみとつで買ってるというこの事実!しょうた!抱いて!(モテキばりに御輿を担ぎながら

2012-01-03

[][]新春滝沢革命 1/2 00:47 はてなブックマーク - 新春滝沢革命 1/2 - 医者はどこだ

年が明け、また革命の季節がやってまいりました。

大将軍はとっつーにしかできないからと滝沢さん直々のご指名を受け、初めてグループを離れてたったひとりで挑む今年の革命。だいじょうぶかな、革命といえば思い出される謎の戸塚失踪事件。今度はひとりだし余計不安だ。髪型も高校球児みたいだし大将軍感がうまく出せるかしら。まず、観る側のわたしが切なくなったりしないかな。大丈夫かな。今年は武道も元ミスノもいてわたし的には夢の国なんだけど、いくら大将軍が好きとはいえとつひとりだし、日生もあるから毎年恒例の2日目と、後半に1回入ればいいかな。そんな軽い気持ちでゆるーくチケットをとったら、なんとまあ。

革命に革命が起こったのです。

革命が、あの革命が、めちゃくちゃ面白かった…!!

何度見てもどんなストーリーなのかよくわからないトンチキ舞台だったのに、血縁関係が整理されてだいぶまともになっていた!かなりメリハリのきいた構成になってていつもより長さを感じなかった!かあくめいだーー!

何よりも、大将軍がかっこよすぎてなあ……。

わたくし去年サラツヤヘアの大将軍見た瞬間ひとめで恋に落ちて俺の大将軍フォルダが火を噴いたわけですけれども、なかなかどうしていいじゃないの短髪の大将軍!おべべもだいぶ豪華になって、発声も低めに安定させてて声が裏返ることもなく、なんというか、貫禄が…!戸塚さんに貫禄が…!!

殿、優馬、ニッキに次いで四番手に位置するとつの存在感たるや今まで見たことないぐらいの目立ちっぷりで、しかも「立たされてる感」がまったくないのがたいへん胸熱でした。わたしはいったい何を心配してたんだろう。戸塚さんはもう立派な青年になっていました。すごく、すごくかっこよかった。ばかみたいに見とれてしまった。

確かに最初出てきたときは「わー!とつがひとりだよーう><」って思ったけど、だんだんそれが気にならないというか、戸塚祥太というひとりの役者として舞台に溶け込んでいて、終わってからその違和感のなさに自分で戸惑いを覚えたほどでした。

少しさみしかったけど、すごくうれしかった。たぶんこれはデビューが決まっているという自信と自覚が彼の胸を張らせているんだと思うし、殿に期待されているというプレッシャーがいい方向に働いているんだろう。大将軍もすごく人間らしいキャラクターになってて役作りしやすくなっただろうし、悩みに悩んでつぶれてしまったあの頃のとつはもうどこにもいないって確信して、親戚でもないのにわたしはなんでこんなに胸をつまらせてるんだろうなあって何度も涙目になってしまったよ。だってさあ!今までいろいろあったからさあ……!(嗚咽

以下、時系列バラバラだけど覚え書きです。

  • はなまるスタッフがまたとつ宛てにお花くれてるよ!あいしてる!でも今年になってからなぜか滝沢さんと連名になってたよ!
  • もっとものものしい幕開けかと思ったらみんなが小粋に踊るカジュアルな始まり方
  • 愛革命のとつの衣装がいつもの片袖ないやつで一気に興奮がたかまる。かっこいい…!
  • ヒデアキが…ついにひとり…!「帆を張れ!」(ひとりだけど)「舵をとれ!」(ひとりなのに)と勝手にカッコで補足してしまって内心大笑いでした。かわいそうヒデアキ!ひとりごとが大きいよ!「守り神を取り付けろ!」って言っても誰も取り付けてくれなかったからヒデアキリストラしちゃったのかしら。あと優馬がちょっとコミカルなキャラクターになっててかわいかった。とてもいい傾向だと思います。
  • ニッキが串本節を歌わない衝撃
  • 袖から待機中のクジラの鼻先が見えててちょうかわいかったけどネタバレだから明日から気をつけて!
  • わたしいつも革命に来るたびに思うけど、全員のトレーディングカード出してくれないかな…?もしくはパンフに衣装で載ってほしい!五関さんの衣装は佐久間にお下がりになったのはわかったけど、じたんのは誰にいったんだろう…ていうかじたんの衣装あんまり覚えてない…。つかちゃんのはふっか?山亮とひかるが二刀流で、竜が槍で、そしてふっかとなべしょがまさかのムチっていうね…!ふっかはあんまりだけどなべしょとムチの親和性が聖闘士星矢とか北斗の拳の雑魚キャラレベル!!最高だ!そして全然戦力になってないよ…!さっそく持て余してるふっか!
  • 竜宮城でのニッキのお付きが三味線詩吟コンビ!いやだひさしぶり…!うれしい!!今野先輩今日もヨーダにそっくり!
  • はしもつの遺志をついで(死んでません)とつがカニに…!ちょっと!去年のクラゲと魚も出してよ!さみしいよ!さっきまでニヒルに大将軍やってた人が「行くカニ!」「くぐるカニ!」「危ないカニ!」とさんざんカニ語でしゃべるも誰にも拾われないという悲しい事態…。「この時期になると仲間がたくさん食べられて悲しいカニ!」と言いながら水をくぐっていました。優馬はタイミングを間違えまくってキャアキャア騒いで「おまえは女子か!」と殿に一喝される始末。かわいかったけどもっとみんなカニにかまってあげて!略してカニかま!あ、そうそう逆さカニは宮舘で最高の仕事ぶりでした。
  • 枯葉の影は高まるね…!とつはいないけどミスノと武道で踊れるジュニア総力戦!林さんちのショタがあまりにもかっこよくて息を飲みまくってしまった。何度でも観たい…
  • しかし光る竹林の連呼には相変わらず笑っちまいますな。口上は武道で。この子たちもうまくなったな…。そしてやっぱショタはうまいな…だいすき…(おっとつい本音が
  • 王妃の若返りは大成功だと思います。紫吹さんほんとうにかっこいい。踊れるし歌えるし立ち回りもできるし!ニッキと一騎打ちのシーンすごくかっこよかった。去年の大空真弓不安だったから尚更な…
  • それぞれが戦う理由みたいなのを明確にしたのはすごくいいと思うんだけど、「それぞれの古傷が痛みはじめた…」っていうヒデアキのセリフはどうかと思うんだ
  • ヒデじいに「服部良一先生からいただいたピアノ」という説明セリフをどうしても言わせたい本物のおじいちゃん。そんなに自慢したいのか…!少年たちに引き続きここまで服部良一の名を聞くとは!そしてヒデじいの声で青い山脈を弾き語る滝沢さん…乙…
  • 相変わらず土管を叩かせたりホタルつかまえたり忙しいヒデじい、「やることがたくさんあるからな」と自嘲気味。「なんでこんなところにいるの?」という子どもの問いかけを「知らん」と一蹴する
  • 滝沢さんが作曲したという滝沢組曲が最高だった!踊りだけで物語を表現していくバレエみたいな構成なんだけど、セリフなんかよりよっぽど伝わるしプレゾンのバレエ版みたいな感じでわたくしほんとうに感動してしまった。特にとつがセンターでミスノ武道を率いて踊るダンスがすっごくかっこよくて、衣装も王妃軍を意識したカジュアルめ感じだったんだけど、どなたかが「街に出た大将軍って感じですっごくかっこよかった!」って言ってたのがまさにドンピシャ!あのとつかさんが踊れるジュニアのセンターで、まったく遜色なく険しい表情で踊ってるのを見てあやうく涙がこぼれるところでした。ああ、帰ったらチケット探そうって観念したよね…。しかもわたしたぶんDVD買うよ…。大誤算!うれしいけど!
  • 組曲のどっかでとつかチームがショタ・さく・竜・ダテとか(内訳は若干曖昧)わたしの好きな人ばっかりになる瞬間があって双眼鏡持つ手が震えたよねリアルに
  • ジジイがダンスでとつバアのかわいい表情に見とれてたらなべバアがすごい勢いでニッキに杖で殴打されてるっていうね…!どうしてあんなことにw しかしあんなかっこいい組曲のすぐあとにこれってさ…気が抜けないよね…。みんな切り替えが大変!
  • 王妃軍が上下にわかれてセリフの応酬するシーン、やっぱりショタがいちばん上手いような気がするです。ひかるはちょっと力入りすぎ!そんであの塚五玉乗りがダテさくになってて、そこはどうしても入れとかなきゃいけない演出なんだwってわろてしもうた。エイヒレのくだりはさくが激昂してダテが押しとどめるって役目だったけど、まだ淡白な感じだからもうちょっと深みが増してくことを期待したいですネ。あと佐久間はかわいいですネ…!完璧なマッシュルームカット!
  • 大将軍とハルカは兄妹っていう設定ができたので戸塚さんの演技も狂人一本槍じゃなくなったし、深みが出てくると思われるよたぶんこれから!大将軍がババーンって出てくるときにわたしのアドレナリンは大放出されるんですけど、なんか頭に羽飾りつけててびっくりした。あとからけむたんに聞いたら王妃軍は鷹だか鷲だかを軍旗にしてたからそれでじゃない?って。すごい!名探偵!
  • 舞台で立ち回りしてる間、大将軍は下手側にいるんだけど、立ち回りも観たいしとつの表情も見たいしで大忙し。目で追うの大変だから画面下ぐらいにワイプでとつの顔出しといてよ!(無理です)
  • 今回水の量増えてないかい…?ヒデアキと大将軍が太刀を交える瞬間にドッパーンって水がかぶるんだけど、すごい大量でとつが口パクパクさせててヤダ…!死んじゃう!って震えました。あれ絶対怖いと思うよ…!
  • 優馬の折檻シーンは宮舘に!ここのキャスティングほんと絶妙!去年の五関さんは二刀流だったから刀くわえてクールにドエス満開だったのもぐっときたけど、宮舘完璧に白目むいて狂人を演じていたので最高!と快哉を叫びたくなる衝動に
  • 殺陣も長くなってる気がするんだけど気のせいかな。みんな頭から水に突っ込んだりしてちょう頑張ってた。しかし目が足りないな…!
  • 最後とつに双眼鏡でロックオンしてたんだけどいろんなとこからいろんな人が刺される音が聞こえててんやわんやでした。大将軍を妹が刺して王妃に大将軍が斬られそうになったところを妹がかばって死んで、妹を腕に抱きながら「俺たちはいったいなんだったんだ…!」って大将軍絶叫。確かにその通りなんだけどセリフが相変わらず面白いよ…
  • いやあしかし大将軍かっこいいよ!目張りもバッチリ!すごく精悍な顔つきになっていて、わたし何度見とれたかわかんないよ(そればっかり
  • 塚五の舞は五関さん→山亮、つかちゃん→ひかるになってて背丈的なバランスの悪さもアレだったんだけど、ひかるのダンスってこんなだったっけ…?もっと上手じゃなかった…?と思ってしまった。去年の塚五にはほんとに足元にも及んでなくて、どんだけ表現力が素晴らしかったのかあらためて思い知りました。五関さんが仰向けに倒れるとこ、水しぶきがほとんど上がらないほど軽やかだったもんなあ。五関さんを振り向きざまに見るつかちゃんの視線とか最高だった!がんばれ若人!
  • カーテンコールではあの袖口だけフリルになってる残念過ぎるあの衣装でとつが出てきてこの衣装orzってなったけど、こんなに晴れやかな気分でカーテンコールを迎えたのはじめてだったよ!年取ったせいかおばちゃんすぐ感動しちゃっていけねえや。みんなかっこいい!とつ水かぶったせいで髪の毛ペタンとなっててものすごく中坊っぽいけど!だがそれがいい!
  • 今回わたしショタにロックオンするつもりで2回取ったつもりなのに、フタを開けてみればとつばっかり見てたような気がする。わたしに目が5個ぐらいあればなー
  • グッズがブランケットだのソックスだのあったかグッズばっかりで、グッズ売り場に「滝沢秀明からぬくもりをお届けします」ってでっかく貼ってあってふいてしまった。なんじゃそれ…!ブランケットはフードに耳がついてるんだけど、うおお江田ちゃんに着せたい…!とひとしきり興奮してたらけむたんにたしなめられました

えびちゃんたちいつ観に来るんだろう。はしもつとかものすごく興奮しそうで想像しただけで目尻が下がりますね。きっとみんないい発奮材料になると思うんだ。つかちゃんも「とっつーすごい!すごいよとっつー!」とか言いそう!それに苦笑しつつまんざらでもなさそうな戸塚!ぎゃー!戸塚田かわいい!!(床に転がりながら

戸塚田とじたんだったらぜったい戸塚田だよね!と昨日河合担と合意に至りました。って結論がそれってどういうことだよ。ごめんね2310だいすきなんだけどね。しかしこんなにもとつの話ばかりしてるのに戸塚担にはなれないという不思議。わたしは三郎担であり大将軍担でありとつのカラダ担であるからして!2012年は担当という概念についてもっと探求していきたい。

わたしはいったい何の話をしているんだ!違うんだ!不本意な年中行事だったはずの革命なのに、滝沢さんのフライング見てたら自然と正月感が湧いてきてやっぱり縁起物は年始に観ておかないと!という気持ちが沸き起こってくるっていうね。やあ、ほんとに革命が楽しくなってよかった。これも一種の意識革命だね!でも来年は内容がリニューアルされるらしいから安心はできないよ!

さて…チケット探さなきゃ…(泥沼

2011-03-30

[]世界が終わるまでは 00:34 はてなブックマーク - 世界が終わるまでは - 医者はどこだ

ラシットのトートがついてくるっていうから、ええ、そうなんです。ラシットって結構好きなんですよ。どんだけミニトート付きの雑誌買ってんだって話ですけど、でもかわいいじゃないですか。あ、そういえばMOREって二宮さんが連載やってたよなあって表紙のクレジットで思い出して。露出を追わなくなって久しいもんですから、すっかり忘れてたわけです。しかも別冊に嵐ってほんと売れっ子ですよねえ。もうすでに国民的ですもん。まあでも女性誌らしくOL好きするようなこぎれいな服着せてもらって、かっちょよくグラビア撮ってもらっちゃってるんだろうなあ。まあその程度の軽い気持ちで買ってみたんです。最初ぱらぱらめくって大宮ツーショットがあったからウヒョってなったんですけど、柔和な表情してる3104(この書き方もひさしぶりですねえ)のうしろでじたんったらなんだか淋しそうな顔してるのねえ、なんだか切ないねえ。昔取った杵柄ならぬ大宮イズムが瞬時にカムバックしてきたんですけど、文字は読まずに化粧品ページとか見て、あらクリニークの口紅ステキ!なんつって、最後にまた嵐のページに帰ってきたんです。やっぱり読んどこうかねえなんて、ほんと何気ない気持ちで。そしたらわたし、返り討ちに遭ってしまいました(序文ここまで

Q.リーダーと一緒に行きたい場所と言えば?

二宮 海、でしょうねえ。そこで釣りしましょう!(中略)大野さんと一緒に行ったという事実だけあればそれでいいです。まあ、事実婚みたいなもんですよ。

Q.ニノと一緒に行きたい場所と言えば?

大野 食事に行きたいですねぇ。一度も一緒に行ったことがないから。中華料理店とかいいね。今日、誘えばいい?いや……まだ早い。

原文ママの恐怖……!!

その前の「嵐の歩みを旅にたとえると?」という質問に対して「明日終わるかもしれないし、ずっと続くとは決して言い切れない」と終末論めいたことを語っている隣のページで、ついににのみやが「事実婚」という言葉を出しやがりました。この意味がわかりますか?この人、命がけなんです!気づいて!この決死の覚悟に気づいて!!「事実だけあればそれでいいです」ってなんという殊勝な発言!じたんはすべてを求めているわけじゃない、揺るぎない事実がたったひとつ手に入ればそれでいいんだ。どうしてかな、今までみたいにうまく茶化せない……わたし、泣いてるの……?

W誌で愛の交換日記ができなくなってしまったそのはけ口を、別に嵐に興味のない人にも、ほんとうにラシットだけが目当てで買った人にも、美容院で暇つぶしに手に取った人にも、はるかにまんべんなく目に触れるファッション誌にぶつけてきやがりました。まあでもそんぐらいの人が読んでも「なにこの子変なの」で終わるかもしれないけど、嵐若葉マークの人が読んだらどうなると思いますか?ACのCMで「人の気持ちを考えてみよう」とか言ってるくせに、あんたはそれがちっとも実行できてない!!有言不実行とはてめえのことだ!!(ぜえはあ

あれ?わたしはすべからく全人類に大宮を布教する立場だったのに、なぜこんなに危機感を抱いているのでしょう。それはこれがレベル5以上の危険球だからです!!嵐から離れた今でも「きみと好きな人がひゃくねん続きますように」と鼻歌で歌いながら見ぬ大宮を思ってぬくぬくと過ごしていたらこんなことになっていたなんて!人が目を離した隙に!ひどい!わたしの純愛返してよ!!(イミフ

こわいよ。ほんとうにこわいよ。なにがこわいって、最後のカード切ってきたにのみやに対する3104の回答がさ。あえてさんざん誘われて断っておきながらまず食事に行きたいと言い、編集部からの提案に「まだ早い」と言うのはもはやお約束になりつつあるからまあそこは百歩譲るとしても、「中華料理店とかいいね」ってなんたる言いぐさ!それは暗にあいばんちを指してるっちゅうことでしょ!それこそいつぞやのノンノであいばが言った「じゃあみんなで行こうよ!」と同じことになっちゃってるでしょ!なんたるドエス。ほんとこわいよ。すぐ隣で事実婚なんて言われてるっちゅうのに……!!

そう思いながらツーショットのグラビアを見返してみると、切なさがニバーイニバーイどころじゃなくなるマジックが発動します。

3104の見ていないところで、きみはそんな顔をするんだね。こんなにすぐそばにいるというのに。

再三伝言板でも3104言ってましたけど、確かにじたんの愛情は重いです。重すぎるくらいです。でもそれはあんたがつれないからどんどん重量を増してってるんじゃないか。なんだか以前のように大宮フォーエバー!とか軽々しく叫べない雰囲気になってきちゃったよ。どうしたらいいんだ。どうしたらにのみやは思い詰めず、3104はかわし続けずにすむようになるのか。うーんうーん。いくら考えてもポクポクチーンとはならないよ。どうしよう。SHOWさんせっかくCMやってるんだから青いアヒルをにのみやんとこ連れてってやってよ!ちがうか。そういう使い方じゃないか。ああつらい。何がつらいって、赤の他人の人生の心配をこんなにしている自分がいちばんつらい……!!

死んでも治らない狼少年属性が発動してしばらく医者どこを放置していたけれど、その間に事態は収束するばかりかどんどん迷宮入りしているようなので不肖ピヨ丸、こうしてのこのこと帰ってまいりました。期待しなかったぶん内角低めのストレートが剛速球すぎてミット構える前に胸にずどーんって当たったよね……あばら2、3本折れてんじゃねえ……?大宮はとんでもない危険球です。漫画みたいに当たったらはるかうしろに吹っ飛ぶレベル!ちょうこわい。ちなみにタイトルはわかると歳がバレるWANDSのあの歌ですよ。「先に進んでいる」という前提で嵐を旅にたとえるメンバーの中で、じたんだけが刹那的な感情を秘めている。世界が終わるまでに彼の思いが少しでも報われればいいと、わたしは本気でそう祈っています。

絶対に負けられない戦いが、そこにはある。